NPO災害ボランティアステーション日本は災害におけるボランティアの育成や、医療をはじめとする災害対策関連各分野の専門家とのネットワーク作り、地域行政と協定を結び彼らの動員と必要な物資・資材の提供を速やかにかつ的確に行うことを目的に活動しております。

福祉防災

福祉防災
福祉関連で特に重視しているのは、大きな災害においては身体に障がいを抱えている方がハンディーキャップがある分どうしても「災害弱者」になってしまう点です。

◎ 家族や病院・高齢者施設・福祉施設などで働く看護、介護職員等への防災指導は、介護を受ける側と行う側との双方が手を携える事で「生き抜く」方法や、「ちょっとした事でもお互いの信頼を今以上に強くする心の目を養うこと」など、福祉に携わる人達が ”毎日が防災” を考えることが出来るマル秘テクニックの指導。
◎ 福祉防災のJAPANモデルとして、何より障がいを持っているご本人が防災に関して自立心を高める秘訣は、本人の声を聞き、それぞれの個性を引き出してあげて快適な生活を送れるようにすること。
◎ 本人も知らない『個性』を見つけてあげること。
◎ 防災における自立心の向上を最大限にサポートすること。

全国の福祉施設職員向けの防災講習
全国の福祉施設職員向けの防災講習

現役看護師による医療法指導
現役看護師による医療法指導、避難時の車中泊で起きるエコノミークラス症候群などの予防法を専門のスタッフが指導

施設職員への講演
福祉施設等の職員へのセミナーや勉強会を指導


福祉施設等の防災訓練指導
福祉施設等の防災訓練指導

グループ施設全体の安否確認訓練指導
グループ施設全体の安否確認訓練指導

高齢・障害・児童の専門職との打ち合わせ
高齢・障害・児童の専門職との打ち合わせ


車椅子